インターンシップ

メディカル・イノベーションコース 大学院4年 M.T

受入企業・組織の名称:富山化学工業株式会社
インターンシップ期間:H28年10月17日~H28年10月21日(5日間)

本インターンシッププログラムでの気づき

 今回、製薬会社で実際に薬を開発・研究していらっしゃる方々にお話をうかがい、どのように創薬が進んでいくかを知ることができた。
 ターゲットの疾患に対し化合物の探索を行い、毒性、安全性を同時に評価しながら効果のある薬剤を作り出すことはとても困難で、地道な研究の積み重ねであると感じた。特に研究者生活の中で関わった薬剤のうち1つが認可されれば大成功だということに大変驚いた。また、働く上での規律の重要性を感じた。施設・設備の使用法や管理が細かく決められており、各自がしっかりとルールを意識し遵守することで組織が一体感を持って前進していくことに改めて気づいた。若手交流会、現地報告会では45分間のプレゼンテーションをする機会を頂いた。多くの質問を受けたが、臨床の実際などはある程度答えられたものの、研究に関しては答えられない部分も多く知識不足を感じた。

将来の夢、志

 基礎研究が創薬につながっていくことを、実際の現場を知ることで具体的にイメージできるようになり、さらに研究への意欲がわいた。
 製薬会社と臨床現場の疾患に対する理解や視点の違いを感じたため、今回のインターンシップのような相互理解を深める取り組みはとても有意義であった。今後もこのようなシーズとニーズを共有する場を持ち、薬剤の共同研究などに繋げていくことができれば、患者さんへの利益に早く結びつくのではないかと思う。

今後成長させるべき能力

 専門の知識とその周辺知識を継続的に学び蓄積していき、他者の理解を得られるようにうまくアウトプットできるようになる必要があると感じた。

ページトップへ